ハノンの本当の使い方
menuへ戻る


    実力向上 = 練習曲を次々と制覇すること 


    みなさん、きっとそれが常識だと思います。

    子供の頃の先生に聞いても、身近な上級者に聞いても、
    「それが正解」 と言われるでしょう。


    でも、本当は違うんですよ。


    「さぁて11番が終わった。次は12番だ」

    の繰り返しで、練習曲を順番に制覇するだけでは、
    なかなか 実力は身につかないものなのです。


    信じられないですか? でも本当なのですよ。


    今から解説する知識は、きっとみなさんの知らない知識だと思います。

    なぜ 練習曲を順番通り進めるだけの練習では、基礎が身につかないの?

            ・
            ・


  繰り返しの重要性


    練習は、「できないことを できるようにする」 のが目的です。


    ですから、たとえ一時的にできるようになっても、そのまま 放置 して
    次に向かうことばかり 繰り返したら・・・・

    それは 穴の開いた袋 でドングリを拾い集めるようなもの。


拾ったばかりの 新しいドングリは 袋に残りますが
古いドングリが、いつの間にか ポロポロ落ちてしまいます

    過去にクリアした課題も 安心してはいけません。

    定期的に復習 しないと、袋からポロポロ落ちていってしまうのです。


    ご近所のピアノ教室で 普通に教わるような、


  今週は11番が終わった。 来週は12番だ!


    の繰り返しで、練習曲を順番に進めるだけだと、
    ドングリの失敗例・・・

    「新しい曲をやるうちに、また1つ、2つ、以前の曲がこぼれ落ちてました」

    に引っかかっていたのではないでしょうか?


    よくありますよね?

    「昔は弾けたけど、今は練習してないから弾けない」 という曲。


    これは、練習曲 にも言えることなのです。

            ・
            ・

    事実、練習曲 「ハノン」 の巻頭の文章 にはこう書いてあります!




    そこには、作者による指示で、


    「毎日一通りの練習曲 (1~60番) を全部さらいなさい」  (しかも数回)

    と “繰り返しの重要性” が書かれています。


    普通の先生が言うような、
    ドングリを落としながら 1ヶ月や、2ヶ月 でさらうのではありません。

    毎日、全部、さらう……。


    驚きましたよね? これが、本当の練習曲の使い方なのです。



  重要なものほど繰り返しさらう


    ですが、ハノンを毎日全部 (1~60番) さらうのは、現実的に無理 でしょう。

    なので、練習曲は広範囲に手は出さず

    特に重要なものだけ 繰り返しさらうようにします。


袋に入れたドングリは、一粒も落としてはいけない

しかし、1~60番まで毎日さらうのは現実的ではない
なら、選りすぐった綺麗なドングリだけ、袋に集めればいいのです
            ・
            ・

    有名な練習曲 であっても、課題の曲番 によって、大変重要なものもあれば、
    それほど重要でないものも含まれます。

    ですから、量を絞って、重要な曲番を繰り返しさらう ようにするのです。


    そうすることで、袋の穴をふさぎ、練習曲へ注いだ努力が、
    きちんと 目標曲 へとつながるようになります。


    次のページ では、みなさんが知りたいであろう
    その 「重要な曲番」 について 詳細に解説しています。




  ハノンを10倍活用しよう
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 指の訓練


  ハノンはやらない?
 ハノンよりもっとすごい練習

  指慣らしをしないと
 甘い環境で練習しない

  本日の練習テーマ
 Plan Do Check の流れ

  ハノンの本当の使い方
 毎日全部さらう

  ハノンを10倍活用
 第1部だけ毎日やれば?

  リトルピシュナで攻略
 やった以上に効果が

  練習曲を曲の基礎に
 2冊を同時にぶつける

  シャドートレ筋力UP
 腕をブンブン振り回す

  スポーツのトレーニング
 筋力トレーニング


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
指の訓練