理想的な姿勢とヒジ支点
menuへ戻る


  ボーリングの投球フォームは、
  下手な人ほど 手首の力だけで投げようとして

  上手になってくるにつれ、
  身体全体 の体重移動 を使うようになってきます。

     前回は、「巨匠のピアノ奏法」 についてお話をしました。

     世界中の一流ピアニストを、20人以上 分析した結果
     見つけ出された共通点 をお伝えしたわけですから、

     それだけでも、音の変化にビックリされた方も多いと思いますが、

     今回は、それにプラスして、音作りをする上で避けて通れない
     「演奏の姿勢」 と 「ヒジ支点」 についてお話ししていきます。



 音作りをするための身体の使い方


   座り方 (イスの座り方)


    まずは上半身の安定が音の安定につながります。

    鍵盤にかるく手を乗せ、背中をスッと伸ばして
    骨盤で重心を取るように座ります。

    椅子の高さは、ヒジの位置が鍵盤と平行か、
    ヒジがやや上になるように、高さを調整します。

    座る深さも、おへその真下が、椅子の先端と
    一致するように調整します。

    浅すぎても深すぎても、ダメ。適正位置からズレれば
    ズレるほど、上半身の動きが鍵盤に伝わりにくくなります。


   腕 (注意すべきこと)


    「骨盤」 で重心のバランスをとったら、
    肩から下はリラックス させます。

    関節や筋肉が強張っていると、
    音楽の流れまで滞ってしまいます。

    背中をスッと伸ばしたら、方から先は
    自然重力に近い状態で、緊張状態から解放します。


   手首 (注意すべきこと)


    腕のエネルギーを妨げないよう、
    肩から指の先までは、一本のムチ だと思いましょう。

    ピシッ、パシッ!! のあのムチです。

    腕全体をしなやかに振りながら、
    指先に、ストレートに「遠心力」が伝わるようにします。

    途中の ヒジ や 手首 で引っかからず、
    「遠心力の頂点」 が指先で感じられますか?

    それが 脱力 された状態です。


 【手首の内側】     音を出す、最後の手首の部分で、
    1%単位で音色の調整をします。

    手首を内側に曲げ、
    ちょっと引っかく感じの奏法にすることで、

    力の出し入れを1%単位で微妙に変えます。

    腕全体に 弾力性を持たせて
    「ムチを振り下ろす」 動きをしながら、最後の部分で

    手首の内側を使って、力の出し入れで、場面ごとに音色の微調整!



  ヒジ支点 (中級以降の弾き方)


     指だけで弾こうとすると 音が軽くなってしまうので、
     先ほどの、ピアノ奏法 の手の形を作ったら、


     


     ヒジを支点にして、そのまま腕ごと押し下げます。

     すると、ズーンと重厚な音が!


     重厚な響きは、ヒジから音を作る。


     自分の音に不満なときは、ヒジの圧力を少し加えると音にバランスと
     安定感が加わります。

     ヒジごと押し込むと、響きに重厚感が加わります。

     ffを出すときも、力任せにガンガン叩くのではなく、
     ヒジで響きに重厚感を加える!

     すると、荒い音のffではなく、ズーンと重厚なffが出ます。

     ヒジ支点を意識すると、指が鍵盤にピタッと触れる感じになり、
     ミスタッチも減り、今までより楽に弾けるようになります。


     さらに上手になってくると、「肩支点」

     上級の曲 を弾くようになったら、
     今までの 「ヒジ支点」 をさらに 「肩支点」 に引き上げます!

     脇はしぼらず 若干ヒジを広げて、肩から音を作りに行くことを
     意識して弾きます!

     女流のピアニストを思い出してください。

     美しい、優雅な指の流れだけでなく、腕や肩ごと、

     まるでバレリーナの舞のような、
     音楽に合わせた身体の流れになってるでしょう?

     この状態が、肩支点 です。




  脱力のやり方
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 ピアノ奏法


  卵を握った形はダメ?
 ダメな流派が広まってしまった

  ヨーロッパのピアノ奏法
 ヨーロッパの一流ピアニストは?

  理想的な姿勢
 指だけで弾こうとしない

  脱力のやり方
 脱力で、美しい音を表現

  脱力でキレイになる秘密
 ただ力を抜くだけではダメ

  腕の痛みと腱鞘炎
 痛いときは、ここを見て

  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
ピアノ奏法