卵を握った形はなぜダメか? (ピアノ奏法の流派)
menuへ戻る

〔写真はアルトゥール・ルービンシュタイン 1887-1982〕

    日本のピアノレッスンで、ピアノ奏法 と言えば
    「卵を握った形」 と教わるのが、20年前までは一般的でした。


    卵を軽く握ったように、指を丸めて弾いてね!


    聞いたことありませんか?


  子供の頃にそう習いました。
  手の形が崩れると、先生に怒られました!


    この奏法は、100年前に 大ピアニストの アルトゥール・ルービンシュタイン も
    使っていたピアノ奏法 なのですが、

    その卵を握った形 のピアノ奏法の説明文を読んでみると……。


卵を握った形  日本で一般的に指導される、ピアノ奏法
 大きい音は出しやすい反面、ppはコントロールが難しい
 高速演奏時も、指が絡まり、ミスタッチも発生しやすい

  あれ? 褒められてない?


    実は、子供の頃に教わった、あの 卵形の奏法 は、
    近年のピアニストでこの奏法の使い手は、どんどん減少中なのです。

    (ルービンシュタインは 明治20年 「1887年」 生まれ)

              ・
              ・

    ピアノ奏法は、唯一無二の 「これが正解!」 というのはなく、
    「流派」 があります。


    その流派の一つ ドイツ・シュツットガルトの 「レーベルト・シュタルク派」  が
    大正2年に、日本に入ってきたのですが・・・・


    現在の、世界の一流ピアニストの動画を見てみると分かります!

    巨匠と言われる世界的なピアニストたちは・・・・


名前 生まれ youtubeの動画
 アルトゥール・ルービンシュタイン 1887年 動画一覧
 ウラディミール・ホロヴィッツ 1903年 動画一覧
 ヴラディーミル・アシュケナージ 1937年 動画一覧
 マウリツィオ・ポリーニ 1942年 動画一覧
 クリスティアン・ツィマーマン 1956年 動画一覧

    あれ? 「卵を握った形」 なのって、

    1887年生まれ (明治20年) のルービンシュタインだけ・・・





 パウル・ショルツ  (1913年 大正2年 来日)


    パウル・ショルツ

    この名前を覚えておいてくださいね。


 Paul.Scholz (パウル・ショルツ) 1889-1944


 【国】 ドイツ
 【学】 ベルリン高等学校(1912年)卒
 【歴】 1913-1922 東京音楽学校ピアノ教師として来日。
     同校で、多くの弟子を育てた


『芸能人物事典 明治大正昭和』 (日外アソシエーツ,1998.11)

    この方が、日本に 「レーベルト・シュタルク派」 のピアノ奏法を導入したのですが

    「レーベルト・シュタルク派」 とは、
    当時 ドイツの音楽学校で教えられていた ピアノ奏法の流派 なのです。

       ・ ジギスムント・レーベルト (1822‐1884)
       ・ ルードヴィッヒ・シュタルク (1831‐1884)

    二人とも、シュツットガルト王立音楽院 の主要な創設者で

    この二人の推奨していたピアノ奏法の流派が、シュツットガルト王立音楽院に
    採用され、のちに、ドイツ国内の他の音楽学校にも広まったため、

    1900年頃までは レーベルト・シュタルク派 がドイツ国内では主流でした。

    ところが、1900年頃 (印象派の時代) から、

    「レーベルト・シュタルク派の弾き方は、
    硬直した腕による打楽器的なテクニックになるので、手を痛めるのではないか?」


    という流れが、ヨーロッパ内の 先進的な先生 の間で広がり始め

    事実日本でも、音楽界の重鎮である 野村光一氏による

    ショルツ氏に対する評価は、さんざんなもの・・・


    野村光一氏 (日本音楽コンクール創設者) の回想
 ショルツさんはベルリンの高等音楽院を卒業された人で
 バルトという人の弟子だったと思う。

 ショルツはとっても優秀な学生であったそうだ

 ちょうど、その時に東京音楽学校 (芸大) からピアノの先生を招聘したい
 という話があって

 ショルツは卒業と同時に24才くらいで日本にやって来たんだよ

 だけど 当時のドイツのピアノのテクニックは古くて悪かった んだ

 ヨーロッパの中でドイツのピアノのテクニックが良くなったのは
 第一次大戦後だから、ショルツは古いテクニックの秀才だったわけだね

 それで教えたものだから、当時の日本の学生のテクニックは
 みんな古いガチガチしたものになって、ただピアノを叩くだけになっちゃった


    引用元 - ピアノ奏法の技術移転
  関連リンク …… ピアノ奏法の技術移転


    つまり・・・・


    このピアノ奏法が 「日本に導入された時点」 ですでに古かった!


    知らなかったのは仕方ないですよね?

    その弾き方を教わったのは 子供時代ですし、
    後からその知識を訂正してくれる人も、周りにいなかった。


    ただ、NHK衛星放送 や youtube で見る
    ピアニストの映像を、よくよく思い出してみると?


 そういえば、私が子供の頃に習った通りの弾き方って
 テレビの中では、ほとんど見たことがない!


    今までは、あのピアニストの個性なんだ! と思っていたけど、

    今考えてみると・・・・ 本当の理由に気づいたでしょう?


    皆が言ってることは、
    世の中で広く信じられている、一般的な知識 でしかなく

    本当の正解は、世界的なピアニスト本人 しか知らないのです。


  関連リンク …… プロも弾き方を間違えてるの?




  ヨーロッパのピアノ奏法
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 ピアノ奏法


  卵を握った形はダメ?
 ダメな流派が広まってしまった

  ヨーロッパのピアノ奏法
 ヨーロッパの一流ピアニストは?

  理想的な姿勢
 指だけで弾こうとしない

  脱力のやり方
 脱力で、美しい音を表現

  脱力でキレイになる秘密
 ただ力を抜くだけではダメ

  腕の痛みと腱鞘炎
 痛いときは、ここを見て

  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
ピアノ奏法