アシュケナージの奏法分析
menuへ戻る


     アシュケナージのピアノ に強い影響を与えた師匠は、

     ピアニストとしても名高かった
     レフ・オボーリン (ショパンコンクール 初代優勝者) と言われています。

     レフ・オボーリン の叙情性を感じさせるピアノは、

     ピアノの音自体を美しく響かせ、アシュケナージもその音を引き継いでいます。



  アシュケナージの音の秘密


     さて、そんなアシュケナージの音の秘密はどこにあるのか?

     巨匠の演奏の秘密を探るため、スロー再生で、指の動きを分析してみましょう。


 ●指の運動●

     アシュケナージの演奏は、映像で見るととても鋭利な印象です。

     特に、速いパッセージなどは、瞬間的な激しさが見られます。

     オリンピックの体操選手のような律動感があり、バレエのような優雅さで演奏する
     ピアニストとは、対極に位置します。


 さて、指の運動をよく見てみると、
 第2関節をベースに、ピアノを弾いています。

     また、特筆すべき点は、鍵盤と指の距離が、驚くほど狭いこと。

     (目測で、2cm程度。強い音を出すときでさえ、10cmも離れていない)

     鍵盤の上を指先がすべっているのです。
     そのため、指自体の運動は、最小限に抑えられています。

     ちなみに、「卵を握った形」 か 「伸ばした指」 か?

     その表現で言えば、どちらも当てはまりません。
     その中間です。

     強いて言えば、「伸ばした指」 寄りでしょうか?



     しかし、全く逆に、ジャンケンのグーに近い形をとることもあります。

     固い音、柔らかい音で、臨機応変に、手の形を変えているので、
     基本ポジションが、かなり読み取りにくいのです。

     これも、やはりひとつのヒントでしょう。

     基本に縛られすぎず、臨機応変に弾いている・・。



  指の形については?


     指の第3関節 (根本) は寝かせ、
     主に、第2関節に負担を集中させているようです。

     これは非常に珍しい弾き方です。

     この奏法だと、弾きにくくて演奏難易度が上がってしまうと思うのですが・・・。

     親指の形にも焦点を当ててみましょう。
     親指は、鍵盤に平行に、指を寝かせています。 (斜めにならない)


     


     固い音を出すときは、斜めになることもありますが、特筆すべき点は、
     鍵盤の端を指の横で叩いているということ。

     黒鍵、白鍵ともに、鍵盤の端に対し、爪の外側を当てています。


     最後に小指にも焦点を当ててみましょう。

     アシュケナージの弾き方は、指先が立っています。
     これはおそらく、指使いによる音のバラつきを抑えるためだと考えられます。

     他の指に比べ、小指は短く、そして弱いので、普通に弾くと、小指の音は
     他の音に比べて若干弱くなります。

     これでは小指の音が弱点になりますので、小指を立てることによって、
     音を強くしているのでしょう。


     しかし、この形をとるには、小指の指を独立して相当鍛えなければなりません。

     小指の筋力が弱いと、第2関節は、もっと丸まってしまうのです。

     映像を見ながら分析すると、彼の指がいかに強いかがわかります。





  ホロヴィッツのピアノ奏法分析
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 ピアノ奏法


  プロも間違えてるの?
 万人に向けた正論

  指の形はプロに学ぶ
 柔軟に指の形を変える

  アシュケナージの分析
 アシュケナージの音の秘密

  ホロヴィッツの奏法分析
 指を寝かせて運動量を少なく

  ホフマンの奏法分析
 ホフマン奏法の注意点


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
ピアノ奏法