「曲の練習」 がうまくいきません



 「初見の練習」 も大事ですが、今は、「曲の練習」 中心に 戻ってます

         ・
         ・

    ところで 「初見」 は、すでにできるようになった後ですか?

    いえ全然です!
    ちょっとやっただけで、すぐに辞めてしまいました!


    初見の練習 をいったん脇に置いて、


   今まで通り 「曲の練習」 中心に戻ったものの
   練習してるのに、あまりうまくいかない……


    さて、デキナイ原因は どこにあるのでしょう?



  曲の練習は、どのような練習をしてますか?


    今やってる 曲の練習、

    苦手な部分 や、指の弱点 に対して、どのように取り組んでますか?


 全体の 「通し練習」 が中心で、
「部分練習」 はほとんどやりません……



    普段は 「通し練習」 が中心。

    ミスしたところはいったん止まって、その場でもう一度 弾き直しながら、
    「通し練習」 を何回か繰り返すうちに、練習の終了時刻になって、

    「今日もたくさん練習したから 終了!」

         ・
         ・

    これは一番ダメな例です。


 えっ? ダメなのですか?



 そのやり方で、練習 になってますか?


    弾きながら、全体的に平均値を上げていこう!

    そう思いながら 「通し練習」 中心になると、何が起こるのか?


    自分の 苦手部分に対して、重点練習 がかからなくなるのです。


    本当は 重点練習 が必要な箇所だったのに、

    ミスしたところを、たった一回弾き直しただけで、


  ミスを修正したつもり


    それは 「マイナス1」 の状態が 「ゼロ」 に戻っただけで、

    プラスに向けて数十回の 「部分練習」 がかかってないのです。

    だから、次のターンになって、
    「もう直ってるはず!」 と思って弾いてみても・・・・


  あれ~またうまくいかない! なんでだろう?


    なんでも何も・・・・ 当たり前ですよね?

    直ってないのですから。


  でも、曲全体が 通して弾けてないと、
  曲を練習してる! っていう気になれないのです!


         ・
         ・

    「練習初期から、曲全体が スラスラ弾けるようになりたい!」

    もし本気でそのテーマを取りたいなら、何をすればいいか、分かりますか?


  えっ? もっとたくさん練習する?


    違います!

    やるべき練習は、この曲の練習 ではありません!


    それを可能にするのは、初見力 なのですから、

    練習中の曲はいったん横に置いて、初見力アップの練習 なのです!



 譜読みで、ミスのクセ をつけてませんか?


    「曲の練習」 をしてるのですが うまくいかずに困ってる!

    このように悩んでいるかたほど、
    以下の練習手順 に、心当たりありませんか?


    【練習手順の失敗例】

    1.最初は、片手ずつ練習
    2.後から両手合わせ
    3.両手が合わずに混乱
    4.たくさん練習して、ミスを減らす
    5.表現へ


  まさにそんな感じです!
  ミスの修正 で、いつも時間をとられます。なんでだろう?


    うまくいかないのは 当たり前 なのです!

    だって、考えてみてください。


    3番で 「ミスのクセ」 をつけて、4番で、ミス修正の練習 をしてるのですよ!


  両手の動きが合わない! あれ? おかしいな! もう一回!


    「もう一回!」 と何度も言いながら、大変な数のリピートをしてるでしょう?

    そのときに 「ミスのクセ」 をつけているのです!


  でも 「ピアノの練習」 ってそういうものじゃないの?


    それはただ、やり方を知らないだけ なのです。

    その 【両手が合わずに混乱】 の部分、本当は
    初見力で食い止められますよ?



  練習効率 の低さを、練習量 でカバーしようとしてる・・・・


  ・ 練習初期のミス は仕方ない!
  ・ 譜読みの時期 は、大量にミスするものだから!


    そう思っていませんか?

    その思い込みが、そもそも問題なのです!


  えっ? 譜読みの時期 でも、ミスって止められるの?


    それを可能にするのが、初見力 でしょう?


   


    「初見が得意な人」 ほど、

    練習初期から、ミスの数がゼロに近くなるのですから!

          ・
          ・

    今までは 「部分練習」 や 「譜読み」 の時期に、
    大量にミスがあるのは仕方ない! と思っていたでしょう?


  はい、そう思ってました!


    その 「練習初期のミス」 をできるだけ、初見力で食い止めること!

    それこそが、本当の 「ミスの対策」 なのです!


    ですから、目の前の曲が、スイスイ弾けるようになりたい人ほど

    「曲の練習」 と 「初見の練習」 は、2つで1セットなのです!




  ピアノが上手になる★超簡単ヒント集

    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 指の訓練
 ピアノ奏法
 曲の練習法
 表現のコツ


  

 初見の基礎


  はじめての初見の練習
 楽譜アレルギーを克服する

  楽譜のホームポジション
「これは簡単!」 と叫んだ

  指が正解を教えてくれる
「ドレミ…」 より速く読める!

  加線エリアの音符
 苦手意識が一瞬で消える

  指で鍵盤を当てる
 初心者の失敗例を克服

  「♯」や「♭」の多い調
 白黒を指に覚えさせる


  


  うまくいくチェックポイント
  演奏前の5つのチェック

  エイヤッ!読みのクセ
「エイヤッ!」 をしてない?

  困ったことの答えしか
 また探せばいいじゃない

  曲の練習うまくいかん
「曲の練習」 中心に戻ってる


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

   ピアノ教室


  管理人のピアノ教室

 当HP管理人のピアノ教室です
 楽しく上達するヒントがいっぱい


 (初心者の初見・上級者の表現)
  
初見大王への道