『守・破・離』



 【自分の才能の磨き方シリーズ その2】


    上手な字を書きたい! と思ったら、

    自己流でどんどん書き殴るより
    お手本の字と見比べながら、自分の文字バランスを修正したほうが

    確実にうまく書けるものです。


    ピアノの表現も同じように、「楽譜の解釈」 と言いながら
    実際には、自己流のおかしな演奏を繰り返すより

    プロのCDのテクニックをお手本に、自分の弾き方を技術的に修正したほうが

    確実にうまく弾けるものです。


    

    字の上手下手なら、これ以外ありませんよね?


  でも、お手本聴いていいのですか?
  子供の頃は、CDは聴いちゃダメと言われてました!


    CDを聴くと、自分で譜面を読んで考えなくなるから
    お手本を聴いちゃだめですよ

    そう教わる方が多いのも事実ですが

    じゅうぶんな音楽的教養のないまま、 『守・破・離』 の 「守」 を飛ばして

    いきなり 「離」 からスタートしてしまうと

    世間の価値観から離れた、おかしな演奏ができあがるだけですよ?

        ・
        ・

    物事の上達手順は、まずは 『理想を知ること』 がスタートなのです!

    他人の成功例を全く研究しないまま、いきなりうまくいかせられるのは
    天才だけなのですから

    最初はむしろ、どんどんお手本を聴いて、
    プロのピアニストの成功例を研究することこそが、上達の近道なのです!



  千利休の短歌から一字ずつ取った、 『守・破・離』



     『守・破・離』

  物事を学ぶときの順番は、まずは
   (守) 師匠 (お手本) の教えを守り 完全に身につけること

  それができるようになったら、
  (破) 教わったことの改善を考え、自分でも工夫 すること

  最終的には、
  (離) 師匠を超え、その道の先駆者となる こと

  しかし、師匠から独立し、自分の道を歩き出しても、
  師匠から教わり学んだときの精神 を忘れないこと。


    武芸や伝統芸能の世界には、 『守・破・離』 という言葉があります。

    ご存知ですか?


 「守」 【無知-真似る段階】 
知識や経験の浅い分野では、自分で考えても何も出てきません
まずは正解 (理想) を知ることからです!

最初はプロのテクニックの研究から始めます。

「模写をするのは、私のプライドが許さなくて……」 と言わず
気に入ったCDを見つけたら、ひたすらお手本を模写してみてください

音の強弱、テンポの揺れ、音のバランスなど
できるだけお手本を細かく観察し、そのままそっくり吸収してみましょう

細部までプロのテクニックを吸収し、その技術を自分で学びとれば
普通のピアノレッスンで、何年も教わること以上に、

確実な技術や知識が短期間で身につきます



 「破」 【思考-考える段階】

少し経験の上がったこの時期は、自ら工夫する時間を増やします

今までは、お手本を、そのまま模写するだけでしたが

この段階からは、丸呑みイエッサー状態から少し進化し
自分なりに考え、お手本から離れた実験も試みてみます。

(試行錯誤の実験を取り入れてみる)

しかし、独自の理論を確立するには、まだまだ経験不足なので
肝心なところでは、お手本に戻ることも必要です



 「離」 【卒業-独自の世界を創造】

考える時期を終え、卒業の時期です

これからはお手本を超え、業界の先駆者として
未知の領域を自分の手で切り開きます

伝統的な考え方 や 今までの常識 を超え
最新の理論を編み出します

    どうでしょう? 改めて整理してみると、これこそが一番実力のつくやり方

    昔から 『守・破・離』 と言われ続けているのも、わかると思います。


    たとえ、この言葉を知らなくても、
    成功する人はみんな同じことを、やってますよ!

    スポーツなら、フェイントが上手くなりたい少年が、その練習のために
    プロの動画をスロー再生して、同じように練習 (守)

    そして、上手くなったら、ちょっとずつ改良して (破)
    最後には、オリジナルのフェイントまで編み出してしまう…… (離)

    お料理が上手になる過程も、
    最初は 『レシピ本』 や 『母の手法』 を守ることから始まり、

    やがて自分なりに違う材料の組み合わせや、別な調理法も模索し、

    ベテランになると、「今ある材料で、思いつきでテキトウに!」 でも、
    毎回それなりのものが作れるようになってしまう。

       ・
       ・

    ほらね、この言葉を知らなくても、みんな同じなのです!

    いきなり 『守』 を飛ばして成功など、天才にしか無理なのです。


 関連リンク …… コロンブスの卵



  答えが先に分かってる状態で努力を始める
    https://www.happypianist.net/
 
初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 表現のコツ


  字が上手になるのと同じ
 練習曲の知識のまま

  練習曲は使い方次第
 練習曲を面白いに変える

  ピアニストの練習法
 プロの音楽家の練習法

  練習には一貫性を
 上手な演奏の条件とは?

  表現は言葉ですか?
 言葉は単なる伝達手段

  

  私には才能ある?
「隠れた才能」 があるかも?

  『守・破・離』
 飛ばせるのは天才だけ

  答えを知ってる状態から
『お料理のレシピ本』 と同じ

  才能を身につける方法
 音楽の才能を引き上げる

  プロの演奏の分析
 気づきをノートに記録

  理想の演奏をするために
 理想の音と全然違う


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
表現のコツ