私には才能がありますか?



 【自分の才能の磨き方シリーズ その1】


  私に 「先天的な才能」 はありますか?
  才能があるかどうかの見分け方を教えてください!


    自分自身に、先天的な才能 があるかどうか? その判定は簡単です!


子供の頃、周りの大人達に 
「神童だ!」 と 大騒ぎ された経験はありますか?


    この質問に 「ある」 と答えた人なら 先天的な才能 がありますが

    「ない」 と答えた人は、残念ながら・・・・・・


  あれ~! それじゃ私 全然ダメだぁ~!

    もし、アナタが子供の頃、周りの子を圧倒できるほどの
    「才能」 を見せられなかったのであれば

    残念ながら、自分に 先天的な才能 はなかったわけですから
    やることはひとつ!

    後天的に身につけるしかありません。



  でも 「隠れた才能」 があるかも?


  でも、もしかしたら 「隠れた才能」 があるかもしれないし・・・・

    そう思いますか?
    それでは 「隠れた才能」 があるかどうか、こちらも見てみましょう!

    ところで今、
    自分自身の 「音楽の才能」 には、どのくらいの自信がありますか?


  え~どうだろう? もしかしたら 音楽の才能 が
  隠れているかもしれないけど、正直なところよくわかりません。


    よく分からなかったら、それは 「音楽の才能」 はないのです!

    だって、才能がある! って 「その分野が非常に得意」 ってことですよ!

    (ゲームの才能がある → ゲームが非常に得意!)

          ・
          ・

    いつまでも隠れたままでいる ってことは、それって……


  あ~んショック~。
  24年間 眠り続けてる才能があるかもっ? って期待してたのに!


    ちなみに、本当に才能が隠れていた! という場合って?


   今までこの子に、絵を描かせたことがなかったけど
   ためしに描かせてみたらすごかった!


    このようなケースです!

    この場合は 「絵の才能」 が 隠れていた! と言えますが


    子供の頃から今まで、何度も 絵を描いてきたけど
    ず~っと 「絵の才能」 は隠れたままだった!


    という場合は、それは残念ながら 「才能」 はなかったのです!



  才能を伸ばす練習 を やってますか?


   もし 「先天的な才能」 がなかったとしたら
   音楽の才能は後天的に伸ばすしかありません!


    そのためには 「才能を伸ばす練習」 が必要になりますが

    あなたは今どのくらい 「才能を伸ばす練習」 をやってますか?


  えっ? それって先生に言われた 表現の注意点 を守ること?

    それは 「才能アップ」 とは、あまり関係ありません。

    先生の言う通り に訂正しただけの演奏は

    その練習の結果、どれだけ上手く弾けたとしても、
    それは 「才能」 ではなく、

    先生の指摘と、その通りに修正できた自分の「技術」 に手柄があるのです。


  それじゃ、「先生に反抗」 して、自分を押し通せばいいの?

    違います!

    反抗する、しないではなく・・・・・・


    レッスンで、たくさん矯正されている時点で、すでにアウトなのです。

          ・
          ・

    先生の前で、自分の演奏を初めて見せたときからすでに

    ほかのレッスン生とは違って、たった一人だけ……


おおっ! この人の演奏には、ほとんど訂正箇所がない!
私が言う前から、ほとんど全部できてる!


    偶発的な演奏ミスはともかく、表現に関しては、先生に何も言わせない!


    「言われた注意点を全部守る」 ではなく、「最初から何も言わせない」

    それが、音楽の才能 なのです!


  でも、言われたことをきちんと守れば、結果は同じでは?

    確かに、教わった後なら 同じ結果 に たどり着けるかもしれません。

    でも、人から教わるのと、自分で見つけるのでは、実力は全然違いますよ!


コロンブスから、「卵の立て方」 を教わった人と
コロンブスに教わる前から、自分で立てられた人は
圧倒的に、発想力の差があるわけです。


    教わった後の練習の結果、たとえ上手く弾けたとしても

    表現に対して、言われたことを、言われた通りに直しただけの
    丸呑みイエッサー状態だったら

    それはもう 「才能」 とは言えないのです。

    (先生がいなくなった途端、一人では何も出来なくなる)



 創造性を発揮するときにこそ、才能が必要になる!


    【自分で練習するのは、いつも譜読みまで】

レッスンで、先生に指摘を受けるのが怖いんです!

自分自身で、「表現を完成させた」 と思っても

それを先生に見せて、「あそこが足りない」 と言われると
なんだか自分に才能がないような気がして

それだったら最初から何もしないで、先生に言われたことだけ
付け足していった方が楽かなぁ? って思っちゃうんです。

訂正されて、自信をなくすくらいなら、
最初から言われたことだけやりたい!


それって、おかしいですか?


    普通の人がやっているような、「自分で練習するのは譜読みまで」

    そこから先は、言われたことを、言われた通りに修正するだけの
    丸呑みイエッサー状態……


  ・  自分で練習するのは 譜読みまで
  ・  表現 については、先生の指示に従うだけ


    それは、そのレッスンのシステム自体が、
    「才能がない人」 でも弾けるやり方を、採用しているだけであって

    そのレッスンで必要になるのは、「練習量」 と 「性格の真面目さ」

          ・
          ・

    だから、「言われたことをきちんと守れば、結果は同じでは?」

    と言いながら、
    最初から 自分自身で答えを考える創造性 を忘れてしまうと

    先生がいなくなったら、一人では何も出来なくなってしまい

    何年習っても、どんなに上級の曲を弾いていても、

    見た目の演奏能力のわりには、本物の音楽的教養や洞察力が備わっておらず


    「才能」 の面では、完全に取り残されてしまってるのです!




  『守・破・離』

    https://www.happypianist.net/
 
初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 表現のコツ


  字が上手になるのと同じ
 練習曲の知識のまま

  練習曲は使い方次第
 練習曲を面白いに変える

  ピアニストの練習法
 プロの音楽家の練習法

  練習には一貫性を
 上手な演奏の条件とは?

  表現は言葉ですか?
 言葉は単なる伝達手段

  

  私には才能ある?
「隠れた才能」 があるかも?

  『守・破・離』
 飛ばせるのは天才だけ

  答えを知ってる状態から
『お料理のレシピ本』 と同じ

  才能を身につける方法
 音楽の才能を引き上げる

  プロの演奏の分析
 気づきをノートに記録

  理想の演奏をするために
 理想の音と全然違う


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
表現のコツ