「♯」や「♭」の多い調への対策 




     突然ですが、音楽の教科書に 「ハニホヘトイロ」 という
     へんな呪文があったのを おぼえてますか?


     

     本来はあれって、 「イロハニホヘト」 のはずですよね?


  私も、子供の頃、おかしいと思ってました!
  「ハニホヘトイロ」 って なんなのですか?


     みなさんが元々知ってる 「ドレミファソラシ」
     実はあれ、日本語ではなく、イタリア語 の読み方なんです。

     それが英語だと 「BCDEFG」 になるのですが・・・

            ・
            ・
      (← ラ が起点)


     この英語読みの 「BCDEFG」 の読み方に対して、

     明治時代の人が うっかり 「ロハニホヘト」 と当ててしまったのですね。

     (同じ、7文字だから)


     だから、「Aメジャー」 とか 「イ長調」 といった言葉を聞いたことあるでしょう?


     「Cメジャー」 とは、その文字列から推測できるとおり


「C」 という音を起点にした 「メジャーコード」

     のことなのですが・・・・

     それを日本語に直したときに…… こうなった。


「ハ」 を起点にした「長調」 → 長調


     例えば、「ソ」 を起点に、 ドレミファソラシド の音に聞こえるように
     順番通り 鍵盤を押す (移調) と、どうなるでしょう?

     全オクターブにわたって、なぜか 「ファ♯」 だけ黒鍵になりませんか?

         ・
         ・
     それが、 「ト」 で始まる長調 …… 『ト長調』 のことなのです。


  #や♭の数によって、変化するキーは常に同じ


     楽譜を読むようになると、「♯」 や 「♭」 の多い調が難しく感じますが

     実は、シャープ や フラットの数 によって、黒鍵に変化するキーは、
     常に決まっています。


   早見表 

 ♯1個のときは…… ファ
 ♯2個のときは…… ファ・ド
 ♯3個のときは…… ファ・ド・
 ♯4個のときは…… ファ・ド・
 ♯5個のときは…… ファ・ド・
 ♭1個のときは…… シ
 ♭2個のときは…… シ・ミ
 ♭3個のときは…… シ・ミ・
 ♭4個のときは…… シ・ミ・
 ♭5個のときは…… シ・ミ・


     「長調」 ・ 「短調」 関係なく、
     #や♭の数によって、変化するキーは常に同じ なのです。

     例えば、フラットが3つのときは、必ず 「シ・ミ・ラ」 が黒鍵に変わり
     それ以外の組み合わせになることは ありません。


     だから、この 一覧表 を最初に覚えてしまって、

     頭で考えなくても 反射的に、

     「ああ、フラットが3つだから、シ・ミ・ラ が黒鍵か」

     と、分かるようになれば、
     音部記号の脇に、シャープやフラットが並んできても、あまり怖くなくなります。


     ただ、知識として覚えるだけでは、まだ足りませんよ。

     理想は、#♭の数を見ただけで、頭の中で何も考えなくても、
     指先が正確に白鍵と黒鍵を打ち分けられる! となることですから

     鍵盤の上で、白黒を直接 指に覚えさせる練習 が必要なのです。



  【練習】  鍵盤上で、白黒を直接 指に覚えさせる


    まずは、右手だけ を使って、白鍵の「ド」 を起点に、


ヘ長調・ニ短調
  ドレミファソラシド (上がる)
  ドシラソファミレド (下がる)
2323


    と 弾いてみましょう。
    そのときの、指の動きは 下の画像 です。


  の 「変則スケール」 の練習
   


    この音を 「♭1」の調 で弾くときは、本当は

       ファ・ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ・ファ (上がる)
       ファ・ミ・レ・ド・シ♭・ラ・ソ・ファ (下がる)

    と弾くのが、教科書的なやり方 ですが、ここをあえて、「ド」 の音からスタート。


 でも、それだと、音が変になりませんか?


    確かに、音は変になります。

    でも、今やっている練習は、「♭1」 のスケールの練習ではなく、

    鍵盤上で、白黒を直接 指に覚えさせること ですから

    ここはあえて 「ド」 の音 からスタートさせたほうが、
    「♭1」 のときに、どのキーが黒鍵に変化するのか 覚えやすい のです。


    ここでは 「シ」 の時だけ 黒鍵に変化してますが、

    この 「シ」 が来たときだけ、考えるより先に、黒鍵に指が動くよう、

    それぞれの調では、どことどこが、黒鍵になるのか、
    指の動きを目でジーっと追いながら、早い指の動きで何度も繰り返すのです。

    「白黒の組み合わせ」 のパターン化ですね!


   

    回数の目安は、10往復くらいですが、

    指を動かしているときは、
    このイラストのように、同時にコチラのルールも追加します!


   【指と一緒に ドレミ と発音】


  指を動かしながら、心の声で一緒に「ドレミ……」と発音する。

  すると 「ソ」 っていってるときは、白なのか黒なのか?
  「シ」 っていってるときは、白なのか黒なのか?

  だんだん指に の時の 白黒の条件がはまってくる。


    心の声で一緒に 「ドレミ……」 と発音しながら指を動かすことで、


  そういえば、「ファ」 って言ってるときは、白鍵だぞ!
  「シ」 って言ってるときは、黒鍵だぞ!


    何度か繰り返すうちに、
    自然にの時の 「白黒の組み合わせ」 がパターン化されて
    自分の中に入ってくるのです!


    一緒にドレミと言いながら、10往復して、

    「考えなくても、白黒の条件が指にスッと入ってきた」
 という感覚が得られれば合格!

          ・
          ・

    ちなみに、スタートの音の 「ド」 が黒鍵になる場合は、
    「ド#」 を基準にスタートすることになります。

ト長・ホ短 ニ長・ロ短 イ長・嬰ヘ短 ホ長・嬰ハ短 ロ長・嬰ト短
23234 23 34 3423 23234



    この 【変則スケール の練習】 を、
    練習前のウォーミングアップ時に、毎回繰り返せば、

    知らず知らずのうちに、シャープや フラット の数を見ただけで、
    どこが黒鍵になるか、頭で考えなくても、反射的に指が動くようになってくるのです。



  ミスの原因 を対策してますか?

    今まで  が苦手だった人は、
    毎回弾くたびに 白黒を頭で考えていた のです! (白黒リアルタイム計算)

    だから、演奏ミス が多かった!

    そのミスを嫌って、あらかじめ該当音符に  をつけたりすると、
    確かにミスは減りますが、それは 「実力アップ」 にはつながりません。

    目の前の 「問題点」 に 印をつけて逃げてるだけですから!

          ・
          ・

    ですから、新たな曲を弾く前には 必ず、

    「今から弾く曲は、♭3だよ!」 と指に教えるために


    【変則スケール の練習】

 ……ちょっとでも不安なときは、弾く前に必ず10往復



  音符がスラスラ読めるようになりたい
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 初見の基礎


  ピアノの練習って?
 答えを知りたい?

  初心者の失敗例
 私は読めてなかったの?

  早めに初見スタート
 驚くような練習法

  初見の威力って?
「初見は慣れ」 なんて嘘

  


  はじめての初見の練習
 楽譜アレルギーを克服する

  楽譜のホームポジション
「これは簡単!」 と叫んだ

  指が正解を教えてくれる
「ドレミ…」 より速く読める!

  加線エリアの音符
 苦手意識が一瞬で消える

  指で鍵盤を当てる
 初心者の失敗例を克服

  「♯」や「♭」の多い調
 白黒を指に覚えさせる


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

   ピアノ教室


  管理人のピアノ教室

 当HP管理人のピアノ教室です
 楽しく上達するヒントがいっぱい


 (初心者の初見・上級者の表現)
  
初見大王への道