曲の練習 が、うまくいきません



 【初見が出来る人の特別な練習法 その1】


  今 「曲の練習」 をしてるのですが
  なかなかうまくいかずに困ってます! 練習はしてるんですけど!


    練習してるのに、なかなか上達できずに悩んでますか?

    そんな方は、
    ちょっと自分を振り返ってみてください。

    もしかして・・・・・・


    大人なのに、子供みたいな練習 をしてませんか?



  大人なのに、子供みたいな練習!


新曲の練習 をスタートするときは
まずは一通り、曲の最後まで通して弾けること が目標!




半分止まりながらでも、間違って弾き直しながらでもイイから
まずは途中で力尽きずに 曲の最後 まで弾ききれること!
          ・
          ・

    これは、絶対に避けたい 子供がよくやる練習法 です。


  えっ? そうなんですか?

    この練習ではなぜダメなのか? 理由は分かりますか?

    分からない方は 【赤字】 の部分に注目して、もう一度読んでみてください・・・・


半分止まりながらでも、間違って弾き直しながらでもイイから
まずは途中で力尽きずに 曲の最後 まで弾ききれること!

          ・
          ・
  あれっ? この練習で、かえって 「ミスのクセ」 ばかりつけてるの?


    気がつきました?


    今まで 「無自覚」 だったかもしれませんが、

    実はこの意識で練習すればするほど
    練習初期に 「ミスのクセ」 を、生み出してしまうのです!


    その証拠に今までは・・・・・・

    練習初期は、たくさんミスするもので
    練習初期のミスは仕方ない! そう思っていたでしょう?

    (ピアノの練習とは、そういうものだと思ってた)



  「成功」 ではなく、「失敗」 にリピートをかけていた!


曲の練習は、「ミスのクセをつけるため」 ではなく
「弾けるため」 にやるもの!


    当たり前のように思うでしょう?

    ところが、子供の練習法、練習初期のやり方を間違ってしまう人は・・・


  あれっ、うまくいかない! 気を取り直してもう一回!
  また上手くいかない。 気を取り直して・・・・


    いきなり 「ミスのクセ」 に向けて突き進んでいませんか?

          ・
          ・

    練習前は、ゼロからのスタート です!

    その時点では 「ミスのクセ」 は、まだありません。


    ところが、練習が上手くいかない人ほど、
    「曲の練習」 を始めた途端、こうなってしまいます。


    【2種類のミスのクセ】

  ・ 難しい部分で 「ええとぉ・・・」 のクセ
  ・ 同じところで、「同じ失敗」 のクセ!


    おかしいな! もう一回!

    そう言いながら、同じ失敗を上塗り していくうちに
    どんどんミスのクセが固まってしまうのです。


  でも、練習量を増やせば、なんとかなりませんか?


今はまだできないけど、何度も練習するうちに、指も滑らかになって
ミスも減って、表現も上手な演奏ができるようになるだろう!


    ……ならないのです!


    目の前の1回 が失敗してるのに、

    同じ思考パターンのまま、2回目をやったら、どうなりますか?


  ああん! またうまくいかない!

    それに対して (まだまだ 回数が足りないんだ!) と思い込み

    そのまま 大量の数 で押し切ろうとするから・・・・・


 何度やってもうまくいかない! できなくて イライラ する!
 もう知らないっ!!


    気がついたら 「ミスのクセ」 が、今日もたくさん できあがり!

    (イライラしはじめた段階で、失敗に気づいてください)

           ・
           ・

 でも、ピアノの練習 ってそういうものではないの?
 練習初期から、「ミスを防ぐ」 なんて、できるのですか?


    それを可能にするのが 初見力 なのです!


    


    そもそも、練習初期から、「ミスを防げる」 って 初見力 の高さしか
    ないでしょう?



 初見力があるかないか? で 曲の上達の早さは 全く違います!


    曲の練習 にとって、初見力は、

    多くの人が思っている以上に、上達の早い、遅いに直結 するのです!


    だって、考えてみてください!


    【初見力がない状態】

1. 難しい音符は、「ドレミ」 と数えてしまう!

2. 「ヘ音記号」 や 「加線」 が苦手

3. 臨時記号 (♯♭) や 「♭4つ」 などが怖い

4. 「リズム」 は、カンで当ててる!


    この状態のまま、強引に 曲の練習 だけ始めたら、どうなりますか?

    音符が分かってない状態で音を出すわけですから、
    練習初期が 「ミスの山」 になるのは当然ですよね!


  練習を ていねいにやっても、ダメですか?

    ダメも何も・・・・

    今までだって、練習はていねいにやろうとしていたはずです。


    でも、ミスは止まらなかったでしょう?

    初見ができなかったら、そもそも ていねいにやる、やらない以前に、

           ・
           ・

    覚えないと、簡単な曲さえ弾けない!


 1. (楽譜が読めないから) 最初は「えーとドレミ・・」 数えながら音取り

 2. 何度か繰り返し練習するうちに、答えを耳で覚えてしまう!

 3. そこから先は、耳で知っている音を 「記憶」 で当ててるだけ!



    だからたとえ、ていねいにやろうとしたところで、

    初見力 がないと 正確に覚えるまでのその練習過程 で必ず


・ さっき覚えたのに、またド忘れ

・ 片手ずつ練習 → 両手合わせ で混乱


    など、「次々とミスを連発」 してしまうのですから、

    元々初見が出来る人でなければ、システム的に、ミスの癖を防げないのです。




  ピアノ練習は練習初期が勝負です

    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 譜読み


  曲の練習うまくいかない
 ミスに苦しめられた本当の理由

  ピアノは練習初期が勝負
 子供時代を引きずってない?

  ミスなし・スラスラ・表現
 曲の練習と初見は1セット

  初見の本当の破壊力
 上手な演奏の条件とは?

  初見と譜読み練習
 頭の中で演奏のシミュレーション

  3回見ながら弾く
 どんなヒントで思い出したか

  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
譜読みで悩んでいる方へ!