何度やっても、パーフェクトにならない



    通し練習 をしてると、何度弾いても、必ず 数カ所 間違うんです!

    先ほどミスした場所 をつぶして


  さあ 今度こそ100点 とれるはず!

    ところが次に弾くと、今度は さっきとは違うところ をミスしてしまう!

    (いつもは間違えないところを、今回だけミスしてしまった)

          ・
          ・

    その場所もつぶして、さあ今度こそ100点 とれるはず!

    するとまた、別なところをミスしてしまって・・・・・・


    何度やっても、パーフェクトにならない! (エンドレスのモグラ叩き状態)



  それは不思議でも何でもなく、当たり前のことなのです!


    【曲全体を ミスなくパーフェクト】
入門 … 特に 問題なく、楽勝
初級 … 真面目に 練習すれば、狙ってとれる
中級 … 猛練習 すれば、とれることもある (発表会など)
上級 … 猛練習 しても、滅多にとれない (コンクールでも)


    おわかりでしょうか?

    「一度もミスしたくない」

    というテーマをもし 本気で 取りに行きたいなら


    相手との、圧倒的な実力差が必要で

    自分から見て 「余裕で弾ける 格下の曲」 を扱うしかないのです!


 でも、この曲を スラスラ弾ける人 もいます!

    上手な人なら、確かにこの曲もパーフェクトに弾けるでしょう!

    でも、それは文字通り 『上手な人』 だからであって、

    その、上手な人 がこの曲をスラスラ弾いてるときって
    「最上級の人」 が 「中級の曲」 に降りてきたケースでしょう?

    (強い人が、弱いものイジメにやってきた状態)

    その上手な人だって、もっと曲のレベルが上がった状態……

    「自分と同等の難しい曲」 や 「自分より格上の曲」 にはボコボコにされますよ!

            ・
            ・

 でも、発表会などで 完璧に弾けてる人もいますよね?
 あれはどういうことなのですか?


    発表会の前は、先生からこう言われていませんか?


・ 一度完成させて、それから少し寝かせて、また練習しなさい!

・ その曲を嫌いになるくらいまで、徹底的に練習しなさい!

・ ギリギリで間に合わせようとするのではなく
  完璧な状態から、さらにその先を目指して!


    (根性論だけでアドバイスになってない)


    ただ、本当にそれを守って練習して、


  もうこの曲では絶対に間違わない自信があるぜ!


    そうなるくらいまで、その曲への猛練習を重ねた後だからなのです。


    そして・・・・・

    そう感じる頃にはその曲は、もうその人から見て
    「2ランク」 どころか、「3ランク下」 まで落ちてる。

    (だから、本気で 「パーフェクト」 を狙いたいなら、最後は根性論になるのです)


    プロでも本当は、演奏前には不安で緊張してドキドキしてるし、
    演奏中だって、ところどころミスしてるのです。

    youtubeで、プロの演奏の動画を見ると、ほとんどの演奏で、
    ミスに気がつきますよ!


    (聴いても全然分からない人は、終わった後の表情に注目すると、わかりやすい)
     → あ~あ、やっちゃった! って顔してますから。


    それが示す事実は……

    普通のコンサートどころか、TVカメラが入った特別な本番でさえ、
    プロでもミスは消せていないのです!

    たくさん練習したらミスはなくなる なんて、単なる思い込みなのです!



  子供の頃のレッスンのルールで、誤解を招いただけ


    子供の頃は、先生から、

    「ミスをしないでください」 と言われていたと思います!


ミスはしないでください!
間違わずに丁寧に弾いてください!


    でも 子供の頃って、ただ単に 「次回までの範囲」 を指定される
    ノルマ形式 のレッスンだったので、


    指定された課題に対して

    次回のレッスンまでに、すでに弾けてないとダメ と言われていただけ!

    漢字テストで、「100点以外は失格」 と言われてるルールと同じなのです。



  ミスしたことではなく、練習が間に合わなかったことを怒られた


子供の頃は、ノルマ達成のために
レッスンの前 に、必死に練習してたでしょう?


    「次回までの範囲」 を指定されて、

    ここまでパーフェクトに弾けるようになってきてね!


    そう言われて、じゅうぶんな練習期間もあったのに、
    うっかり油断して練習をサボってしまって、練習が間に合わなかった!

    (その結果、先生の前で、ミスを連発!)

            ・
            ・

    すると、先生の目には 「練習不足」 がクッキリ映るわけですから


    「ミスをしないでください」 そう言われるわけです!

    それは、ミスを怒られたのではなく、練習不足 を怒られたのです!


    だから、ミスの指摘だけでなく、この言葉もセットだったでしょう?

    「もっとたくさん練習してください!」



  子供の頃のルール を いつまでも引きずってませんか?


    ミスすると、先生に怒られる!

    本当は、ミスを怒られていたわけではないのです。


    そもそも 「ミスなくパーフェクト」 が、狙って取れるのなんて、
    初心者のうちだけなのです。

    中級以降になると、「ミスをしないで」 と言われることは少なくなり

    上級になったら、もう完全に、その言葉は言われなくなります。

    (言われて簡単にできるなら、プロは絶対ミスしないわけで・・・)


    【曲全体を ミスなくパーフェクト】

入門 … 特に 問題なく、楽勝
初級 … 真面目に 練習すれば、狙ってとれる
中級 … 猛練習 すれば、とれることもある (発表会など)
上級 … 猛練習 しても、滅多にとれない (コンクールでも)


    なのに、相手の強さを計算に入れず、先生だけでなく、親からもずっと

    1度もミスしないで! と、言われて育ってきたものだから

    ミスしてはいけない! という刷り込みが、あまりにも強烈すぎただけ!


    本当は、上手な人ほどミスで動揺せず、「瞬時の回復力」 を磨いているので

    一番狙うべきは、一度もミスしないことではなく
    「弾きながら回復」 の技能なのです。




  伴奏では 「ミスからの復帰法」 から教わります

    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 譜読み


  毎回ミスと偶発的なミス
 ミスの場所が弾くたびに変わる

  100点にならない
 子供時代を引きずってない?

  ミスからの復帰法
 ピアノソロも伴奏と同じ

  パーフェクトの自信ある?
 自信がないのにミスが想定外

  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
譜読みで悩んでいる方へ!