電子ピアノの利点を活用しよう!



   電子ピアノは、そもそも 生ピアノ とは違うのですから

   ピアノにはない欠点もありますが
   ピアノにはない利点 もあるのです!


     欠点の部分 に焦点を当てれば
     ピアノの代役としては物足りないものになってしまいますが、

     利点の部分に焦点を当てれば、ピアノ単体には真似のできない

     「魔法のトレーニングマシーン」 にもなれるのです。


     今回は、電子ピアノの利点を活用した、練習の仕方について解説します。



 1. 確実なフィードバック  (失敗を改め 成功は逃がさない)


     1日の練習は、毎回ゼロからのスタートではありません。

     昨日練習したことを、今日も忘れずに覚えている。今日はそれに磨きをかけて…
     その積み重ねが、実力向上となるのです。


       昨日成功したことは、確実に自分の実力として蓄える。
       昨日できなかった課題は、今日確実に直す。



     そのフィードバックを毎日重ねること。それを意識して練習するようになると、
     一歩一歩、確実に前進できるようになります。



    録音機能 REC




     おそらく、電子ピアノの録音機能は、皆、あまり使っていないと思います。

     なぜなら、自分の演奏が、必要以上に下手に聞こえるから・・。
     あるいは、マニュアルがどうも分かりにくいから。

           ・
           ・

     しかし、この録音機能は、自分の弱点を教えてくれる先生です。

     ピアノの詩人、ショパンも、このような意味の言葉を残してます。


     自分の耳こそ、ピアノ学習の最大の先生なのです!


     その観点で、「自分の演奏のどこがどう変われば、上手に聞こえるか」

     録音を聞きながらチェックしてみてください。

           ・
           ・

     ほんのちょっとした力の入れ方、力の抜き方、リズムの変化など、
     一つ一つの修正点は意外に小さなものです。

     しかし、そのいくつかを修正していくと、かなり、演奏の変化が得られると思います。


     今の弾き方をどう修正すればいいのか?

     自分の演奏を録音して、プロの演奏と聞き比べれば、
     「足りない」 と感じたところに練習課題が見つかります。

     それが分かるだけで、自分でも驚くほど、ピントの合った練習が
     出来るようになります。


     修正ポイントを意識せずに練習を続ける場合は、
     何度練習しても、それは 「楽譜の表面をなぞるだけ」

     自分の弾き方が変わらなければ、音も、以前のまま、変わらないのです。

     練習の方向性は、

     「理想の演奏に向けて、いかに今の演奏を修正するか?」 ですから

     自分の録音を聞いて、「ダメ」 な部分はメモをとって、
     翌日の練習課題としましょう!

     ピアノ学習の最大の先生は? ……それは自分の耳なのです。


    ※ ICレコーダーを使えば、生ピアノの演奏でも録音できますが、
      録音機能を 「毎日使う」 場合、お手軽さでは、電子ピアノのほうが上でしょう





  ピアノが上手になる★超簡単ヒント集
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 指の訓練


  電子ピアノの注意点
 本物に近づけられるか?

  タッチの差を克服
 本物のピアノと差を感じる

  ヘッドホンで良くなる
 自分の弱点が聞き取れる

  電子ピアノの利点
 魔法のトレーニングマシーン


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
指の訓練