指使いは、「部分練習」 で確定させる!



練習は、もっとシンプルにしよう!
起点の指番号だけ確認したら、後はなるべく指の流れで!

    練習が、なかなかうまくいかない人は

    指番号を覚えるところから、練習をスタートしようとしてませんか?


    ギチギチに指番号ばかり見て、全部守らなきゃ! では、
    かえって頭に入ってこないもの!

    音符を注意しながら、さらに指番号も注意! だと

    典型的な 『二兎を追う者は一兎をも得ず』 になって
    記憶が混乱して、かえって覚えられなくなってしまうので、

    指番号は、最初から全部覚えようとはせず、
    黙ってても 楽譜の番号通り になるところは、なるべく指の流れだけで覚えます


    うまくハマらなかったところだけ、楽譜にマルをつけて、気をつければいいのです。



  直前の音符 からどうズラすと、指がつながりやすいか?


   前後の 「お隣さん」 の流れ を見ながら
   指のつながりがスムーズになるか?


    


    見て分かるように、緑のラインは順番に音が上がっています。

    このときは当然ながら、 「指番号」 も順番通りになるわけですから
    この目線で 「指番号」 を考えるようになると?

    音符は 単発 ではなく、一連の流れとして見える ようになります。


自然な手の動きのまま、勝手に正解に当たる場所は
指番号を、覚える必要はありません!


    最初から全部を覚えようとはしないで、
    黙ってても 楽譜の番号通り になる箇所は、指使いの計算から外してください!


  「基準音」 を○で囲む  (基準音 & その兄弟)


    指番号で大事なのは、流れの起点となる 「基準音」 です。

    「基準音」 だけしっかり覚えておけば、後は流れのまま
    指を動かすだけでいい場合も多いのです。


    


  楽譜への指番号の書き込み方


    12345 ・ 54321と、隣の指同士が連続で続く場合には、
    わざわざ数字を全部書き込まず

    「12345」 の表記を  「1 → 5」 のように

    矢印を使って、「起点の指番号」 だけ目立たせてください。

    矢印を使うと、「起点の指番号 & その兄弟」 の形に見えますので
    グループとして見るようになって、直感的に理解しやすくなります。



  一度確定させたところも、安心しないこと


    一度確定させた指使いも、安心しないでください。


   さっきの指使い、その部分だけならよかったけど、
   次の小節を弾いたら、前後の指の流れがつながらなかった。


    そういうときは、一度書いた番号を後から訂正することもあります。

    ですので、指番号を書き込むときには、後から訂正できるよう、必ず鉛筆で!




  無駄な動きをなくすこと

    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 譜読み


  まず最初にリピートありき
 子供みたいになってません?

  部分練習はパターン化
 「直前」 からの指のズラし方

  指使いは部分練習で確定
 なるべく指の流れで覚えます

  無駄な動きをなくすこと
 難しそうに見えてはいけない

  初見の技術でミスを半減
 直前の音符から1個お隣さん

  初見をいかした部分練習
 正解の上で指が待ってる

  油断してできるか?
 部分練習はなるべく 「1段通し」

  頭真っ白で再現性を
 システム的にミスを防げない?

  成功の再現率を高める
 つかんだ成功は逃がさないこと

  100点を連発できてる?
 かけ声だけになってませんか?


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
譜読みで悩んでいる方へ!