初見力を生かした練習!



今までのように、「音を拾おう」 とするのではなく
「指のズラし方」 の方をインプットしてください!


    いま、曲の弾き方を 「流れ」 で取っていませんか?

    それを、流れではなく、「直前の音」 からの指のズラし方として
    覚えるようにしてください!


    練習初期は、どこを基準音にとって、どう指をずらすのか?

           ・
           ・


  技術的難所か? 注意力不足か? それをハッキリさせる!


ミスしたところは、もう一度、直前の音 に指を置き直して
音符を見比べてみてください!


    それ、本当に お隣さん 効きませんか?

    ポジション移動が、大きく跳躍する「パー」 ごとの移動ではなく
    指の届く 「パーの範囲内」 なら?

    ミスタッチの原因は、「指の感覚のズレ」 なので、

    その ズレた感覚 がピタッと合うように、
    集中的に この幅だ! というのを身体に刻み込む!

         ・
         ・

注意力だけで防げるミスは、一発で修正し
練習しないと弾けない難所にこそ、時間を振り分けよう


    よく考えてみてください!

    正解の上で指が待ってる!


    この状態で毎回ミスしてるって・・・・・ それ、注意力で防げるはずでしょう?

    それ以外の部分 だけが、「練習」 が必要な箇所 なのです!



  普段の練習は、難しい部分 に時間を使う!


    【ミスの種類を見分ける】

・ 技術不足のミスか?
・ 注意力不足のミスか?


    部分練習の時期は、いきなり リピート数 で勝負ではなく、
    まずは ミスの種類 を見極めて、

    注意力不足のミス を優先的にふさぐことが重要です!


    なぜなら、注意力不足のミスには リピート数がいらないのです!


   


    正解の上で指が待ってる!

    この状態で間違った時って、次からは意識一つで直るでしょう?

           ・
           ・

全てのミスを リピート数が必要! と思ってしまうから

練習量が雪だるま式に増えてしまうのです!


    本当に リピート数が必要! なのは、技術不足のミスだけ!


    そしてその、技術不足のミスに対しては、

    基礎力アップの練習 と、曲の練習 の両面から、同時に攻めるのです!



  小さい頃に何度も聞いた基礎!


    技術不足のミスに対しては、曲の練習 単体で攻めても、

    なかなか 基礎力不足 までは補えません!


    ですから、練習曲の力を借りながら 

    基礎力アップの練習と、曲の練習 の両面から攻めるのです!

          ・
          ・

 練習時間に 「練習曲」 を組み込む

     「先生に言われてるから、練習の最初は ハノンを30分」
     何も考えずに、ルーチンワーク を実行するのではなく

     Plan Do Check の流れの中の (Do) のときに 扱ってください!



 曲の内容に合わせて 「練習曲」 を使い分ける


     目標曲に合わせ、練習曲をセレクトするときは、

     指の訓練タイプの練習曲集 を何冊か購入し
     その中から、現在の曲に合う 練習曲 だけ抜き出す!




  油断している状態で いかに正確にできるか?
    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 譜読み


  まず最初にリピートありき
 子供みたいになってません?

  部分練習はパターン化
 「直前」 からの指のズラし方

  指使いは部分練習で確定
 なるべく指の流れで覚えます

  無駄な動きをなくすこと
 難しそうに見えてはいけない

  初見の技術でミスを半減
 直前の音符から1個お隣さん

  初見をいかした部分練習
 正解の上で指が待ってる

  油断してできるか?
 部分練習はなるべく 「1段通し」

  頭真っ白で再現性を
 システム的にミスを防げない?

  成功の再現率を高める
 つかんだ成功は逃がさないこと

  100点を連発できてる?
 かけ声だけになってませんか?


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
譜読みで悩んでいる方へ!