成功の再現率を高める練習法



    【イタリアの諺】
1羽のツバメが来たからといって、まだ春が来たわけではない
  Una rondine non fa primavera


    弾けないところがたまたま弾けたとき、 (1羽のツバメの状態)

    たった1回で

    「やっとできた。もう安心」 と油断してしまってはいけません。


    心当たりありませんか?

    ようやくできるようになった! と安心して、そこで練習をやめたら
    翌日チェックしたときに、また元に戻っていて、愕然としたこと……。


 あ~っ! それって私です!

    「たまたま弾けた」 は、まだ実力ではないのです。

    それを、「偶然」 から 「実力」 に引き上げるには
    そのまま5回連続して成功するまでは、気を抜かないでください。



 やっとできた! 気分がいいところで、このまま次の段へ!


    今まで弾けなかったところが、たまたま弾けたとき、

    その後はいつもどうしてましたか?


  うまくいかなかったら、うまくいくまで何度も繰り返して
  ようやく成功できたら、「よし!」 と思って次に行ってました!


    その練習では、今までうまくいかなかったでしょう?

    実はそれって、理想の練習の正反対 なのです!


    上達とは?

・ 失敗を改める
・ 成功を逃がさない


    のはずなのに、

    失敗のほうは、何度も繰り返してるのに、成功は1回だけでオシマイ!

    その練習では、成功を逃がしまくってますよね!


  あれ? 言われてみれば確かに!

    今までできなかった部分が、たまたまうまく弾けたとき


1. 安心して、終わりにする
2. 成功を逃がさず、自分のものにする


    その判断を誤ると、せっかくの成功が スルリと逃げてしまうのです!

    なので、5回連続して成功 できるまでは、気を抜かないでください。



  5回で1セット (5連勝 を目指す)


    「まだ出来てないけど、早く次に進みたいから、オマケして合格!」

    先を焦って中途半端なまま、次へ次へ……とやっていると

    戻ってきたときに、また弾けなくなっていて
    結局また、練習のやり直し!


    1段を合格させるとは、「今までやってた練習をいったん放置」 して

    次の段で、別な練習を始めるわけですから

    今までの部分に対しては、

    いったん放置しても問題ないほどの、実力が要求されるのです。本来は。


    ですから、合格・不合格の判断は、必ず

    「単発の結果」で見るのではなく「直近5回の平均」で見るようにしてください!


    【昇段テスト】

「1段通し練習」 を 「5回」 やります。

5回終わったらジャッジ! 今のは 5連勝 ですか?


    いったん放置したとしても問題ないほどの、実力が必要なので

    「5回で1セット」5連勝 を取れたときだけ、合格して次の段!


    【不合格の場合は?】

対戦成績 評価
4勝1敗 惜しい
3勝2敗
2勝3敗
1勝4敗 完敗
5連敗

  あ~ん、 「2勝3敗」 でした!
  合格できなかったときは、どうすればいいのですか?

不合格の場合は 「対戦成績」 の結果によって、判断が分かれます。


不合格  惜しい  …… 「5回で1セット」 再挑戦
 完敗  …… もう一度 部分練習 からやり直し!


     【惜しい】   2勝3敗


    負けはしたものの、「惜敗」 だった! そのときは?

    そのまま 「5回で1セット」 の 「2ターン目」 に挑戦です!

         ・
         ・

    「5回で1セット」 の 「2ターン目」が終わったら、またジャッジ!

    今度の結果はいかがですか?


     【完敗】   1勝4敗


    「完敗」 の場合は、

    「部分練習 や 頭真っ白」 が甘いまま、先へ進んでしまったのかもしれません!

    (勉強が甘い状態で、テストを受けてしまった状態)

    自分の 「持ち点」 がそもそも足りないので、
    いったん部分練習に戻って、自分の 「持ち点」 を積み上げて、

    足りない点数を補ったら、また 「5回で1セット」 に再挑戦!



  仕上げ時の 合格ライン は何点ですか?


    この曲の 仕上げ時の 合格ライン は何点ですか?


  だいたい 「95点以上」 かなぁ? 理想を言えば、100点だけど

    もし本当に 95点以上 が目標なら?

    部分練習のそれぞれの段は、常に100点で合格させてないといけません!

          ・
          ・

    部分練習 は、今後の実力のベースとなるものですから、

    1段 「単体」 で 「パーフェクト × 5連勝」 取れるまでは、
    次の段へは進まない!


  「1段単体」 は 「パーフェクト × 5連勝」 を目指す


  ○ 5連勝 …… 次の段へ!
  ×  失格 …… できるまで再挑戦



    これを怠ってしまうと、仕上げ時に、練習がやり直しになりますから、

    「全ての段」 の合格点は、必ず 100点×5連勝 に揃えます!


仕上げの時には、出来るだけ100点に近づけたい!
と思いながら……

実際には、練習中1度も 100点 を見たことがなく
目の前の練習が、妥協&先送り ばかりになってる状態と

本当に 「100点を連発できてる」 練習は全く違います!

          ・
          ・

    本当に、仕上げで 100点に近づけたい なら?

    普段の練習から、1段に対して


  目の前の練習は、100点しか見たことない!

    これを積み上げていってください!




  本当に100点を連発できてますか?

    https://www.happypianist.net/
 初見の基礎
 初見大王
 曲の練習法
 指の訓練
 ピアノ奏法
 表現のコツ


  

 譜読み


  まず最初にリピートありき
 子供みたいになってません?

  部分練習はパターン化
 「直前」 からの指のズラし方

  指使いは部分練習で確定
 なるべく指の流れで覚えます

  無駄な動きをなくすこと
 難しそうに見えてはいけない

  初見の技術でミスを半減
 直前の音符から1個お隣さん

  初見をいかした部分練習
 正解の上で指が待ってる

  油断してできるか?
 部分練習はなるべく 「1段通し」

  頭真っ白で再現性を
 システム的にミスを防げない?

  成功の再現率を高める
 つかんだ成功は逃がさないこと

  100点を連発できてる?
 かけ声だけになってませんか?


  


  姉妹サイト


  ピアノ初心者のための
  音符の読み方


  音符の読み方の基礎と
  暗譜して弾く練習法


  
(初心者向け 姉妹サイト)



  

  作者


  このHPの作者について

  なぜこのようなHPを
  作れるの?



  

  ピアノ教室


  管理人のピアノ教室


  初心者の初見レッスンと
  上級者の表現レッスン
  
譜読みで悩んでいる方へ!